Monthly Archives: 7月 2016

THK ラジオ学類!

7月最後のラジ学はTsukuba DTM Lab.!

みなさんこんにちは!

今回構成のTHK3年の後藤です。

さて、第225回ラジオ学類、パーソナリティは2年広島さんと1年沖さん。とってもゆったりとした雰囲気で収録できました。

前半は「ゲストコーナー」で、作曲サークルTsukuba DTM lab.さんをお招きしました!

作曲する、いわゆる「アーティスト」ならではのお話をたっぷり聞けたり、名前にかけたあんなクイズをしてみたり…充実の10分間です。

ラジオ内では7月発表のEPからゲストの3人お勧めの一曲をかけました。この曲に惚れた、という方はぜひTDLの門戸を叩いてみてください!ゲストとの写真

 

後半は持ち込みコーナー「カレンダーガールズ」。

パーソナリティの二人が今月を振り返り。カレンダーに記入していきます。

リスナーの 皆さんもぜひ、これを機に今月を振り返ってみてください。

 

 8月でうだるような暑さがやってまいりますが、どうぞ学類生の皆さんは体に気を付けて、平和な日曜22時を迎えられるようにしてくださいね。

番発

【御礼】THK番組発表会2016後のご挨拶

ご挨拶

 

THK番組発表会2016「怪盗ルポンと消えた指輪」は無事に上演を終えることができました。

ご来場いただいた皆様、まことにありがとうございました。

我々THK会員が総力を挙げて用意した舞台、作品をお楽しみいただけましたでしょうか。

皆様が鑑賞なされたあの時間の中に、皆様にとってそれぞれの「名作」を見つけていただけたなら幸いです。

そして何より、この番組発表会というものが皆さんの記憶に一つの「作品」として残ったのなら、統括として冥利に尽きるというもので御座います。

 

余談ではございますが、一度見た作品も、また見返すことで新たな発見があるものです。

最後までご覧いただいた方は是非、当発表会のロゴマークなど改めてよく眺めていただきたいと思います。

新たな発見があるかもしれません。

 

これをもちまして、また我々にも一つの区切りがつきます。

この先、時間が流れていく中でTHKもその色を変えていくことでしょう。

これからも、THKラジオ学類!を、筑波大生のテレビ番組P-CUBEを、

そしてTHK筑波放送協会をよろしくお願い致します。

 

最後に重ねて、ご来場いただいた皆様に、ご協力いただいたすべての方に、

共に番組発表会を作り上げた全会員に、

心より感謝申し上げ、結びといたします。

 

THK筑波放送協会3年

ラジオ制作局/番組発表会プロデューサー

澤田裕貴

番発

【THK番発2016】明日が本番です!

皆様こんにちは!

渉外部長の山下です。

 

4月から更新してきたTHK番発に関する投稿も、いよいよあと2回となりました!

ついに明日が本番です。早いものですね…!

7月22日には3回目となるリハでMCの最終確認等を行い、本番に向けて準備万端です。

直前準備を通して、みんなやる気満々です!士気を本番へと高めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は22日の最終確認と準備の様子です。

半年間準備してきた集大成を皆様にお見せできることを会員一同緊張しつつも楽しみにしております。

 

前にも述べさせていただきましたが、会場では空調管理ができない仕様になっております。ゲネプロでは少し寒く感じる会員もいました。羽織るものを持ち込むなど体調管理のしやすい格好でご来場いただきますようよろしくお願いいたします。

 

これを読んだあなたが会場に来て下さったら大変嬉しい限りです。

明日はみどりコミュニティセンターでお待ちしております。

 

THK 番組発表会 2016

2016 年 7 月 24 日(日)

開場13:30/開演14:00

墨田区みどりコミュニティセンター4 階多目的ホール

(JR 総武線「両国駅」より徒歩 15 分

都営線「両国駅」「菊川駅」より各 10 分

JR 総武線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」より徒歩 20 分)

 

番発

【THK番発2016】会場装飾&劇MC練習紹介

みなさん、こんにちは。

THK番発までいよいよ残り5日となり会内もざわざわしてきております。

渉外部2年、技術班の大中です。

 

今回は当日会場を彩る装飾と、

作品上映の合間に展開される劇MCの様子を少しだけ紹介しちゃいたいと思います。

 

毎年その年のテーマに沿った装飾が、演出班を中心とした会員によって手作りされます。

今年のテーマは「怪盗」ということでどんな装飾になるのでしょうか。

 

 

装飾デザイン案です。6種類のデザインにも何か意味が隠されているかも‼

 

 

なにやら黒い画用紙を使うようですね。意外と大きいのかもしれません。

 

 

これらは、かの有名な名画たち。演出班いわく当日に変化があるようです。

どんな変化を遂げるのか、ぜひ会場にいらしてみなさんの目で確かめてみてください。

 

 

こちらは演出班渾身の作の本棚。段ボールを何枚も重ね見た目以上に頑丈な作りになっているそうです。

愛しすぎてDiana(ディアナ)と名前がついているんだとか。

 

 

ここからは演出班の劇MCの練習風景をご紹介します。

とある美術館に届いた予告状から始まる物語。

 

 

こちらは初回読み合わせの様子。この時点では脚本を手に、ああだこうだ言いながら練習しておりましたが、

番発直前ということで今ではセリフは完璧で演技にも磨きがかかっています。

 

 

以前ご紹介させていただいた登場人物紹介やCMのとおり、ひと癖もふた癖もある会員がそろっている演出班。

なので読み合わせの最中も脚本とは関係のないコントが始まったり。

アドリブなのか脚本なのかわからない彼らの演技にご注目ください。

 

以上会場装飾、劇MCの練習紹介でした。

当日は会員一同皆さんに楽しんでいただけるように様々な準備をしてお待ちしております。

ぜひぜひTHK番発2016にお越しください。

 

次回の更新は番発前日の23日、渉外部長の山下から番発前最後のお知らせです。

 

THK 番組発表会 2016

2016  7  24 ()

開場13:30/開演14:00

墨田区みどりコミュニティセンター4 階多目的ホール

(JR 総武線「両国駅」より徒歩 15 

都営線「両国駅」「菊川駅」より各 10 

JR 総武線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」より徒歩 20 )

番発

【THK番発2016】ゲネプロ

こんにちは!

THK番発までいよいよ1週間を切ってまいりました…!

THK2年渉外部・総務班の曹です。

今回は17日に行われたゲネプロの様子をお伝えします。

 

本番1週間前となる17日、緊張感のもとゲネプロを行いました!

ゲネプロとは、本番直前に本番とまったく同じように行うリハーサルのようなものです。そのため、開催地であるみどりコミュニティーセンターに移動し、機材等を持ち込んだりしました。

 

会場の様子や、実際の舞台上での劇MCの動きの確認など、各々が本番に向けて調整を行いました。

下の写真がその様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ゲネプロで出た反省を生かし、本番でご来場いただく皆さまに満足していただけるようより一層励んでまいります!

 

また、会場では空調管理ができない仕様になっております。ゲネプロでは少し寒く感じる会員もいました。羽織るものを持ち込むなど体調管理のしやすい格好でご来場いただきますようよろしくお願いいたします。

 

次回の更新は20日頃、番発を彩る会場装飾と劇MCの練習風景についてお伝えします。

 

THK 番組発表会 2016

2016 7 24 ()

開場13:30/開演14:00

墨田区みどりコミュニティセンター4 階多目的ホール

(JR 総武線「両国駅」より徒歩 15

都営線「両国駅」「菊川駅」より各 10

JR 総武線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」より徒歩 20 )